珍しいザトウクジラの全身骨格標が展示されている大阪市立自然史博物館。クジラの全身骨格標本だけではなく、ヒゲ板や下顎の骨など、各所にクジラ類の標本展示があり、見つけながら展示を見るのも楽しい博物館に遠征してきました。
マグロの街・神奈川県三崎にあるアットホームな水族館「京急油壺マリンパーク」に行ってきました!
日本で1体しかないシロナガスクジラの全身骨格標本。そのレプリカは2体が制作され、そのひとつが千葉県・和田浦にある道の駅「和田浦ワオ!」に展示されています!実物を観察するため、現地へ行ってきました。
イルカショーの評判が高い品川駅から徒歩5分にある、もうひとつの水族館「アクアパーク品川」に行ってきました。
18年7月に生まれたハンドウイルカの赤ちゃんを見に、東京都品川区にある「しながわ水族館」へ行ってきました。
大阪の大人気スポット、世界最大級の水族館「海遊館」に行ってきました。世界各地の水生生物が展示され、その種類の豊富さと広さに驚きです!
世界文化遺産 厳島神社が建立する宮島。そこにある水族館は、瀬戸内海に棲息するイルカ類のスナメリを飼育。この宮島水族館を含め、国内では6つの水族館でしか飼育されていない希少種。そのスナメリを見に行ってきました!
シロイルカやコビレゴンドウなど5種類のイルカ・クジラ類を展示する神奈川最大の水族館。イルカショーだけでなく、イルカとのふれあい施設、ハンドウイルカの行動生態展示も!イルカ好きには大満足の水族館。
マッコウクジラやツチクジラなど7種類の全身骨格標本を展示。中でもマッコウクジラの頭骨が真近で観察でき迫力満点。珍しいスナメリの標本も!
※18年11月に港区立郷土資料館は、港区立三田図書館の4階から都営地下鉄「白金台駅」近くの「ゆかしの杜内」へ移転されました。下記の記事は移転前の内容です。移転後のレポートは取材後に改めて掲載いたします。

さらに表示する